ペレットストーブについて

 

現代的に炎を操り

     心までも暖められる癒しの暖房

 

ペレットストーブは、間伐材などを加工した木質燃料を電子制御で炎をコントロールしながら暖をとるセミオートマチックな暖房製品です。

 

ペレットストーブは、現代的に効率良く炎を作り出し暖をとる我々にも環境にも優しく現実的な暖房機です。

 

実際にペレットストーブの暖かさと炎を体験していただき様々な機能やデザインの違いを比べていただき、安全で快適な冬の日々をお約束致します。

 

 

 

ライン

 

 

炎の輻射熱+送風ファンが

   お部屋全体を暖め心まで癒してくれます 

 

輻射熱が壁面や家具を温め、その蓄えられた遠赤外線が放出されることから自然な暖かさを感じることが出来ます。例えれば、陽だまりのような暖かさが得られます。送風ファンは、エアコンやファンヒーターのように空気を暖め、すばやくお部屋を暖めます。

ペレットストーブは、石油ファンヒーターのような直接炎が空気を暖めるのではなく燃焼室の外側を送風ファンによって空気が循環され暖められる為、お部屋の空気を汚すことがなく乾燥や結露も起こりづらいことも特徴です。

排気ファン(FE仕様)が適度にお部屋の空気を循環させ空気清浄の効果もあり、製品や給排気管(FF仕様)を選べば室内の環境にも影響を受けることなくご使用でき快適な冬の暖を約束してくれることでしょう。

忙しい毎日にライフスタイルを変える事なく、炎を近くに感じられる生活は、あなたの暮らしを更に豊かで安らぎある日々に変えてくれることでしょう。

 

人は、いにしえの頃から炎と共に生きて来ました。しかし現代では、使用機会が少なく炎は危険と言う認識が強くなってしまいがちですが利用や使用を守れば安全に私達の生活を便利に豊かに快適にしてくれます。

 

ペレットストーブは、木質ペレットを燃料に電力を使用して、安全を最優先した構造と効率良く暖(炎)を作り出す現実的で優秀な暖房機と言えます。

ライン

 

 

使用方法や日々のお手入れは簡単で

          楽でなければ行けません

 

ペレットストーブは、電子制御により火力・風力・燃料量・温度を制御して 安全に最適な燃焼状態を生み出しお好みの炎や温風で暖をとれます。

 

使用方法は、一昔前のテレビのような家電製品の操作と似ているのでとても簡単です。基本的に数個のボタン操作やダイヤル操作のみです。

※海外製は、タイマー設定が高機能=難しい(笑)

 

 【一般的なペレットストーブの場合】

 

燃料タンクにペレットがある事を確認後、点火ボタンを押すとペレット燃料が供給されます。5分〜10分ほどで自動着火します。(さいかい産業社のみ手動着火方式)

着火時の燃料量や給排気ファンの調整も自動で行われます。何らかの状態で着火に失敗した場合、温度センサーが感知して一定時間後燃料供給が止まります。

一定温度になると温度センサーが感知して送風ファンが作動します。

着火後20分前後で通常モードに移行します。

通常モードに移行後、火力ボタンや送風ボタンでお好みの炎や風量を調整していただけます。

※火力と風量が連動しているタイプや別々のタイプがあります。

※燃料の品質によって火力や温度に大きく影響があります。

※輻射のみのタイプも増えております。

 

消火ボタンを押すだけで自動消火します。

消火は、燃料供給が止まり燃焼ポット内の燃料が燃え尽きます。

※ファイナルクリーニング機能がある製品もあります。

通常2分程度で炎は無くなりますが完全消火には10分〜30分程度かかります。

※本体温度が一定温度まで下がる間、給排気ファンや送風ファンは作動しています。

※換気は、お部屋の構造や広さなどを考慮して日に数回換気して下さい。

 

ペレットストーブは、FF式及びFE式給排気方式仕様が可能です。

※FF式・ FF式とは、基本的に給排気システムの違いになります。

※現在多くのペレットストーブは、半密閉式構造ですが、完全密閉式ペレットストーブもあります。(オルスバーグ・レバナ etc…)

詳しくは、店頭で実際の製品でご説明致します。

 

《詳しくは、コチラをご覧下さい》

 

女性やご年配の方にも簡単に安心してご使用出来るよう

しっかりご説明サポート致します。

 

 

 

【日々のお手入れ方法とメンテナンス】 

 

薪ストーブのようなワイルド?なお手入れやメンテナンスはありませんが日々のお手入れや定期メンテナンスは必要です。

 

取扱説明書を遵守すれば通常問題ありませんが、効率よくまめにお掃除をする事が一番良いお手入れ方法です。

 

 《日々のお手入れ方法は、燃焼室・ガラス面・灰受けのお掃除が基本

※必ず本体停止後、本体が冷めてからお手入れをしましょう。

 

①燃焼室ドアを開ける前に手袋・マスクをして新聞紙等で床を保護します。

②燃焼室や燃焼ポットは、刷毛やブラシで灰を落とします。

③灰受けの灰を捨て掃除機で燃焼室等の灰を吸い取ります。

※掃除機が無い場合、刷毛等で取り除きます。

④灰を取り除いたらガラス面を雑巾やウエスで拭きます。

⑤排気筒の灰受けやストーブ内部のほこり燃料カスなども定期的に除去します。

 

※最後に、またよろしくと労いましょう!

 

※使用アイテム:刷毛・掃除機・雑巾・手袋・マスク・新聞紙 等

※掃除機を使用すると5分程度でのお掃除が可能です。

 

《詳しくは、コチラをご覧下さい》

      

 

ライン

 

 

ペレットストーブor薪ストーブ

 

日本では、木質燃料を使用した暖房機と言ったらやはり薪ストーブが代表格です。ペレットストーブは、ヨーロッパやカナダなど1950年代から使用されるようになりイタリアなどは、薪ストーブと並びつつあります。

日本もここ数年導入使用される方々も増え、環境問題やエネルギー事情・震災を期に「ペレットストーブ」が多く知られるようになり安全性やデザイン・機能も充実して来ました。

 

「ペレットストーブを考える」

 

ペレットストーブは、冒頭でもお伝えしたようにヨーロッパでは1950年代から普及しています。製造メーカーも多々あり30年以上の歴史を持つ製造元も多くあります。日本では、1970年代のオイルショック時に一時的に輸入や国内製造販売等があったようですが原油価格の落ち着きと共に需要がなくなってしまいました。1990年代後半からは、環境意識の高まりや薪ストーブにない機能やデザインで輸入数や国内メーカーも増加しています。燃料のペレットもここ数年、国内森林組合等で品質が良く価格も低価格のペレットが販売されるようになり、輸入ペレットストーブにも使用出来る規格になりました。しかし、実際使用している方も少ないことや嗜好品や薪ストーブの代替品と言う位置にあるのも事実です。

 

ペレットストーブを導入する際、一番の決めては機能性にあります。着火消火も自動で行い温度調整等も簡単にでき、難しい操作がないことや安全装置も装備しているので安心してお使いいただけます。本体や燃焼室からの輻射熱は、薪ストーブと同じであり送風ファンがエアコンと同じように空気を暖めてくれるので薪ストーブとエアコンの優位性を兼ね備えたハイブリットな暖房機器と言えます。また、石油ファンヒーターとは違い直接炎で空気を暖めるのではなく、熱せられた燃焼室外面を送風ファンで空気が循環することで温風化させるので室内の空気を汚す事なく乾燥や湿度にも大きな変化を起こさないのが特徴です。輻射熱についても、ご満足いただける暖かさを発揮します。日頃のお手入れは、説明書に従えばいつでも快適な炎をお約束してくれます。灰量は、日にコップ半分位と少なく、専用掃除機などを使うと数分程度で手も汚さず簡単にお掃除出来ます。煙の量も、焚き始めに3分程度、目に見える白い煙が出る程度ですので近隣トラブルも排出口等に気を付ければ問題は少ないでしょう。燃焼効率が85%以上のため、灰や煙が少ないことが分かります。設置場所は、壁面にΦ130〜Φ160ほどの開口部を開けられればほとんどの場所で設置可能です。背面側面は、高温にならないため20㎝前後あれば設置可能ですし炉台や壁の防火対策も簡易に済みます。煙突も基本的に立ち上げ1mほどで十分です。薪ストーブは、ドラフト効果を利用して排気しますがペレットストーブは、給排気ファンにより強制給排気しているため、煙突を立ち上げなくても排気しますが停電や給排気ファンの故障時、室内に煙の逆流を防ぐためや火の粉軽減・雪による排出口が塞がってしまわないよう適度な煙突立ち上げを推奨しています。※製品により、煙突ドラフト効果を必要とする場合があります。

燃料のペレットは、園芸用土のような10kg入りの硬質ピニール製で販売されています。扱いが非常に楽で品質もほぼ均等なため、熱量等にばらつきも少なく配送は、木質材ですので宅配便でご自宅まで配達出来ます。日に平均5kg〜10kgほど使用しても月に、最大30袋ですので自転車一台分のスペースがあれば保管可能です。

 

ペレットストーブは、家電に似た製品のため、ボタンやリモコンで設定変更が出来てしまうので便利すぎて物足りないかもしれません。しかし、着火不良を起こすとある程度燃料が出続けてしまうため燃料ポットがペレットでいっぱいになってしまいます。消火の際も安全のため、一定時間排気ファンが稼動し続けます。ファンや着火ヒーターなどの部品も使用頻度やメンテナンス不足等で数年後には故障交換もあります。※大切にした車と同じで大事に使えば、何年でも走ってくれる感じですが10年程度の使用期間が一般的ですね。(笑)

お手入れに関しても、通常はとても簡単ですが月に一度程度の掃除個所や着火不良を起こした場合、多少は大変です。そして、当たり前ですが電力がなければ動きません。電力を使用しているからこそ安全な炎で快適な暖を作り出す暖房機器と言えます。燃料も規格に合ったペレットのみですので国内では、品質的に規格統一されていないのでチョイスは必ず必要です。

 

共働きで趣味も多く・早起きが苦手で・日中は留守がちで・夜更かしで・お子さんが小さく・住宅密集地に住むご家族や木質燃料の炎で暖をとり無理なく都会的に暮らしを続け、虫が苦手で家族が大好きな方に最適な暖房がウッドペレットストーブです。

 

ワタクシの未来は、リタイヤしたらちょっと郊外(奥地はNG)広い土地に小さな家を建て、大好きな犬達と共にリビングには「ペレットストーブ」を置き、ガレージ兼趣味部屋で「薪ストーブ」を焚き、気の合う仲間と薪を焼べ、妻達がリビングで楽しいおしゃべりをしているようなライフスタイルを描いています。

 

まぁ〜30年も先のことですが

ライフワークも、今と同じ犬と炎でいたいかな…

 

 

 

 

「薪ストーブを考える

 

薪ストーブのファンは多くおられ男のロマン的なワイルドなイメージや料理などが出来るなど憧れの暖房製品です。薪ストーブと言ったら、やはり一番は嗜好品としてのイメージでしょう。お家を建てるなら薪ストーブを導入使用したいと思う方も多いと思います。確かに暖房としても申し分ありませんし燃料は薪ですし電力も必要としません。上手な焚き方をマスターして掃除等も苦にならずお時間に余裕のある方やお世話をする方々が多くいればスローなライフスタイルが満喫できる素晴らしいアイテムです。他にも、薪ストーブの良さは、たくさんあります。

 

大変な事は、とにかくアナログですので焚き方や管理をマスターするのに相当なコツや時間が必要なことや日々のお手入れも楽ではなく、日にどんぶり一杯ほどの灰や燃えカスを数日おきに処分しなければなりません。薪ストーブは、お手入れも大変ですが本当に大変なのは、炎の管理にあります。炎の管理や調整を誤ると適正に燃えませんし火災や近隣トラブルを起こしかねません。最近の薪ストーブは、以前より煙が出づらい機種も増えて来ましたがそれでも、焚き始めや空気の調整によって相当な煙が出ます。また、着火や消火作業も簡単ではなく、外出時や就寝時に未消火のままの状態は、総合的にやはり危険だと思います。外出時間や就寝時間を予定して工夫をしても炭化した木材は、消えたように見えても燃焼を続けています。心配性の方は、尚更不向きですね。

 

薪ストーブと言ったら屋根より高い煙突ですがドラフト効果を利用して煙を排出する為です。煙突掃除も楽ではなく高品質の煙突を設置しても定期メンテナンスを怠れば煙道火災が起こる危険はあります。設置環境や設置場所も気をつけないと本体全体温度が300℃以上になり本体及び炉台等を含めると重量が500kgを超える場合もあり、壁や床の防火対策及び床の重量対策など大掛かりに必要です。燃料の確保もご自身で薪の調達をする場合、春から間伐材を探し、夏に木こりとなり冬までに使う薪をストックしなければなりません。しかもその薪は、最適に使用するには約2年ぐらいの乾燥期間が必要なため、初年度次年度は、購入するしかなく集めた薪と購入した薪の量は高々と駐車場2台分になります。もちろん購入する薪の量を少量ずつ購入することも出来ますがそれでも、1ヶ月の量は、1800×1800×400程度の場所を必要としますし購入価格も割高になります。薪の使用量は、1シーズン4〜6ヶ月間に2〜3tを使うとなると灰も相当量出ます。概算で月間500kg前後1日に20kg前後にもなり家の周りは、薪で埋め尽くされます。意外にビックリするのが薪を寒い外から室内に持ち込むと虫が出て来て都会的な方や女性は大騒ぎになります。建築廃材を使っている方や使おうとしている方もいるとは思いますが確実に、熱量が無く、煙や灰量も多く、本体や煙突にも負担がかかりトラブルの原因になりかねません。無料で廃材をくれる場合がありますが有効利用としては良い事かもしれませんがやはり廃棄物ですので住宅密集地では、公害になりかねません。せっかく素敵な薪ストーブが、ただ木材を燃やす焼却炉になってしまいます。薪ストーブは、鋳物製が多く、耐久年数が大変長い代物ですが誤った使用やメンテナンスを怠ると変形などを起こして使用出来なくなることもあります。

 

共働きで忙しい方々やお子様が小さい方など、住宅密集地での薪ストーブの使用は、努力とデリカシーも必要ですね。薪ストーブが趣味になり休日は、薪ストーブの世話から始まり近隣に迷惑をかけないため、早朝?深夜?に焚き始めるなど工夫をしても実際には平日の管理は厳しいです。薪ストーブは、体力・知識・時間・協力・根気・責任・愛情が必要な暖房製品だと思います。暖房能力や炎の雰囲気など魅力的であり、無電力で木質燃料を使用する素晴らしい代物です。

 

当社は、ペレットストーブ専門店ですが木質燃料の炎で暖をとるペレットストーブと薪ストーブを検討の際、ライフスタイルに合った木質バイオマスストーブをお選びいただきたいと思っております。

 

 

 

ライン

 

 

 

 

 

ラインナップはコチラ お問い合わせはコチラ
ページトップ
Copyright (C) 2012 LifeGarden.Inc. All Rights Reserved.